薄毛はなぜなる?

薄毛は自分で引き起こしている?!

髪が薄くなったのが最近の悩み・・・。

 

と抱えている人は約4人に1人の割合で存在しています。

 

しかしその人達の中に薄毛の原因を理解している人はいったい何人いるでしょうか・・・?

 

あなたは自分が薄毛になっている原因を理解していますか?
薄毛は様々な要因が合わさって起こるものです。

 

私は自分が薄毛になったときになぜ薄毛になってしまったのか。
ということを徹底的に調べました。

 

今回はその私が調べてきた薄毛の原因をご紹介していきたいと思います。

薄毛の原因@遺伝

 

これはよく言われていますね。
さらに母方の祖夫が薄毛の場合に自身も薄毛になることが非常に多いそうです。

 

⇒薄毛と遺伝の関係性。

 

上のサイトに詳しく記載してくれていますのでそちらを参考にどうぞ。

 

ただ、遺伝と薄毛は確かに関連性はありますがそれだけが原因でないことは覚えておきましょう。

 

原因A食生活などの生活習慣の乱れ。

 

欧米人の人って薄毛が多いと思いませんか?

 

実はあれはなるべくして薄毛になっています。

 

髪の毛には非常に多くの栄養が必要です。
しかし、欧米人などはハンバーガーやお肉といった高カロリーかつ脂肪の多い食物ばかり摂取しています。

 

要は髪に必要なビタミンやミネラルが不足しているため、薄毛になっているのです。

 

昨今、日本人の食生活も欧米化が進みファーストフードといった外食で食事を済ませてしまうため髪に必要な栄養が十分に行き渡らず薄毛になるといったパターンが増えています。

 

そしてストレスと睡眠不足

 

社会にでてしっかりと働かれている方、ご苦労様です。

 

毎日大変だと思います。
そして同時に多大なストレスを抱えていることでしょう。

 

このストレスは発散しなければ頭皮に悪影響を及ぼします。

 

ストレスは血行の流れを悪くし、頭皮を固くし皮脂の過剰分泌を招きます。

 

しっかりとどこかでストレスを逃がすはけ口を作らないと頭皮によくないのでウォーキングなどの趣味を見つけて実行することが大事です。

 

原因B睡眠不足

 

 

髪に必要な栄養の供給、そして正常なホルモンバランス。

 

これらは睡眠で補わなければなりません。

 

こちらも社会に出て働かれている方はどうしても睡眠が不足しがちです。

 

基本的に髪の成長は夜間に行われるのでこの成長すべきタイミングで起きていると髪がしっかりと育たなくなり薄毛に繋がります。

 

難しいかもしれませんが、夜しっかりと睡眠をとれる時間を確保しょう。(八時間くらいあると理想的)

 

いかがだったでしょうか。

 

これらすべての要因にあてはまる人は要チェック!
今は大丈夫かもしれませんが、この先そのままの生活を続けると間違いなく後悔する日が来ると思います。

 

そうなる前に生活習慣の見直しなどをしっかり行って健康的な体を目指しましょう。